English

カリキュラム

1年次

プログラミングからマネジメントまで、IT関連領域の知識体系を広範にカバーする講義・演習から科目に よって、「情報アーキテクト」としての知識とスキルを修得します。

2年次

独自のメソッドを駆使したPBL型科目でのプロジェクト演習によって、1年次に修得した知識・スキルの 定着・活用経験と、「情報アーキテクト」としての業務遂行能力(コンピテンシー)を修得します。

科目履修の流れ

科目履修の流れを示した画像

授業科目一覧

IT系科目群

授業科目 選択
必須
開講
クォータ
開講
曜日・時限
授業担当教員
ネットワークシステム特別講義 選択 2Q 土3・土4 飛田 博章
セキュアシステム管理運用特論 選択 4Q 土4・土5 真鍋 敬士*
IoT開発特論 選択 4Q 土2・録画 飛田 博章
システムプログラミング特論 選択 2Q 土1・録画 小山 裕司
ネットワーク特論 選択 4Q 火7・土3 大﨑 理乃
Javaプログラミング技法 選択 1Q 水7・土2 張 晁逢
システムソフトウェア特論 選択 2Q 火7・土5 柴田 淳司
情報アーキテクチャ特論1 選択 1Q 水6・土1 小山 裕司
情報セキュリティ特論 選択 1Q 月6・木6 奥原 雅之
OSS特論 選択 3Q 月6・木6 小山 裕司
データベース特論 選択 2Q 水6・金6 木下 修司
データインテリジェンス特論 選択 3Q 月7・録画 追川 修一
ビッグデータ解析特論 選択 4Q 月6・木6 追川 修一
クラウドインフラ構築特論 選択 3Q 水6・水7 山崎 泰宏*
IT・CIO特論 選択 3Q 火6・火7 コース全教員

エンタープライズ系科目群

授業科目 選択
必須
開講
クォータ
開講
曜日・時限
授業担当教員
コミュニケーション技術特論 選択 4Q 火6・金6 中鉢 欣秀
標準化と知財戦略 選択 2Q 土3・土4 成田 雅彦
情報アーキテクチャ特論2 選択 2Q 土2・録画 戸沢 義夫*
情報アーキテクチャ特論3 選択 2Q 水6・録画 中鉢 欣秀
情報システム特論2 選択 4Q 集中講義 戸沢 義夫*・亀井 省吾*
情報ビジネス特別講義1 選択 3Q 金6・金7 六川 浩明*
情報ビジネス特別講義3 選択 4Q 土4・土5 川名 周*
サービスサイエンス特論 選択 1Q 土5・録画 松尾 徳朗

システム開発系科目群

授業科目 選択
必須
開講
クォータ
開講
曜日・時限
授業担当教員
ソフトウェア工学特論 選択 1Q 月7・木7 追川 修一
フレームワーク開発特論 選択 1Q 土3・土4 安川 要平*
セキュアプログラミング特論 選択 3Q 月7・木7 黄 緒平
クラウドサーバ構築特論 選択 3Q 金6・金7 飛田 博章
情報セキュリティ特別講義2 選択 4Q 月7・木7 奥原 雅之
アジャイル開発手法特論 選択 3Q 土4・土5 永瀬 美穂*
コラボレイティブ開発特論 選択 2Q 火7・金7 中鉢 欣秀

マネジメント系科目群

授業科目 選択
必須
開講
クォータ
開講
曜日・時限
授業担当教員
プロジェクト管理特論1 選択 1Q 火7・金7 三好 きよみ
プロジェクト管理特論2 選択 3Q 土2・録画 酒森 潔*
プロジェクト管理特論3 選択 4Q 火6・金6 三好 きよみ
プロジェクト管理特別講義 選択 2Q 火7・金7 三好 きよみ
情報システム特論1 選択 4Q 水7・土3 嶋津 恵子
情報ビジネス特別講義2 選択 2Q 月6・月7 小酒井 正和*
情報セキュリティ特別講義1 選択 2Q 月7・木7 奥原 雅之

情報システム学特別演習

授業科目 選択
必須
開講
クォータ
開講
曜日・時限
授業担当教員
情報システム学特別演習1 必修 1・2 コース担当教員
情報システム学特別演習2 必修 3・4 コース担当教員

産業技術研究科科目群

授業科目 選択
必須
開講
クォータ
開講
曜日・時限
授業担当教員
国際経営特論 選択 4Q 土4・土5 前田 充浩
国際開発特論 選択 3Q 土4・土5 前田 充浩
Technical Writing in English 選択 3Q 月6・木6 嶋津 恵子
DESIGN[RE]THINKING 選択 4Q 月7・木7 松井 実*

選択必修科目群

授業科目 選択
必須
開講
クォータ
開講
曜日・時限
授業担当教員
情報技術者倫理 選択必修 4Q 土1・録画 稲垣 実*
技術倫理 選択必修 1Q 土1・土2 伏見 靖*/川田 誠一

*:非常勤講師
**:確定し次第、追加掲載いたします。

PAGE TOP